りんごをのせて[若狭純子/著]

涙がかわいたあとで、
かくもふかい怒りが女を充たし、
その重さに耐えて、
突っ立っている。
頭上に林檎一顆をのせて。


花舗にのみ花のあふるる東京と思い来しかど見よこのミモザ
四半世紀勤めておればわが辞書に男とは泣く生き物と書く
私を潰せはしない冬の空おもおもとして夜に近づく


定価:2,500円(税別)
判型:四六判ハードカバー
頁数:148頁
ISBN:978-4-86534-216-1
発行日:2017年9月29日
発行:現代短歌社
発売:三本木書院(gift10叢書第4篇)

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料B

    全国一律 300円

※3,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。