暝鳥記[伊藤一彦/著]

『瞑鳥記』は私にとって血なまぐさく、それゆえ、ときに生への激しい希求を感じさせる歌集である。(大口玲子「解説」より)


水中のようにまなこは瞑りたりひかるまひるのあらわとなれば
われらもつあるかなきかの自由よりゆたかなるかな 一滴の血
おとうとよ忘るるなかれ天翔ける鳥たちおもき内臓もつを


定価:667円(税別)
判型:文庫判ソフトカバー
頁数:104頁
ISBN:978-4-906846-30-6
発行日:2012年11月27日
発行:現代短歌社

¥ 720

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価