無数の耳[大西民子/著]

たとえ表現された歌の内容にたどり着けてはいないとしても、民子の歌にはその世界に身を委ねていられるたのしさがある。民子の歌の底には、さびしさ・かなしさ・なつかしさが深く漂っている。ただ甘く夢想的な歌との違いが、そこにある。(坂梨隆三「解説」より)


切り株につまづきたればくらがりに無数の耳のごとき木の葉ら
てのひらをくぼめて待てば青空の見えぬ傷より花こぼれ来る
みづからを錘(おもり)となして沈みゆく夜々に藻草(もぐさ)のまつはりやまず


定価:667円(税別)
判型:文庫版ソフトカバー
頁数:121頁
ISBN:978-4-86534-040-2
発刊日:2014年8月24日
発行:現代短歌社

¥ 720

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

ショップの評価