藍を走るべし[大島史洋/著]

実景や状況をそのまま言葉に定着させるのではなく、それを(過剰に)自身(の理想)に引き付けてべつのものに転換してしまうありよう、それが「観念」化ということではないかと思う。そのようにとらえたとき、『藍を走るべし』はいかにも観念に充ちている。そしてそれを促すエネルギーの源に「若さ」がある。(染野太朗「解説」より)


ひそやかにひとりの苦悶の暮れゆけば雷とどろきて夜を走るべし
いま僕におしえてほしいいちにんの力のおよぶ国のはんいを
かぎろいの燃えたつなかに塔はたち 登れ君らにたおされるまで


定価:800円(税別)
判型:文庫版ソフトカバー
頁数:138頁
ISBN:978-4-86534-243-7
発刊日:2018年10月7日
発行:現代短歌社

¥ 864

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。