メビウスの地平[第二版 永田和宏/著]

小出版社からのアングラ的な歌集出版は、歌集の出自としては不利だったのだろうが、ある意味、凝りに凝った、若さの自負と気負いの詰まった第一歌集を眺めるとき、これはこれでなかなかいい出発をしたと思っているのである。(永田和宏 文庫版へのあとがき)

文庫版解説=吉川宏志
第二版解説=三上春海

きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり
ひとひらのレモンをきみは とおい昼の花火のようにまわしていたが
背を抱けば四肢かろうじて耐えているなだれおつるを紅葉と呼べり

¥ 880

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価