現代短歌新聞 2020年2月

現代短歌新聞 2020年2月/95号
定価:300円(税込)

2020年2月5日発売 タブロイド判/16頁
1部:300円(送料・税込)/
年間講読料:3,600円(送料・税込)

【内容】
•1面
[インタビュー]
三年前からの準備が三度目の正直で稔る。/森田アヤ子
[現代の作家]
越年、と或る日/髙島 静子
人でありたし/金子 貞雄

•2面
[追悼 吉村睦人]純粋、剛直の人/雁部 貞夫
[視点]「短歌の時代性」/宮原 勉

•3面
[作品時評]詩の灯る場所/生沼義朗
[2月のうたのヒント]佐田 公子

•4面
[読みましたか?この一冊]
山内頌子歌集『シロツメクサを探すだろうに』/齋藤 芳生

•5-7面
[書評]
香山静子歌集『銀の莟』・しなやかな詩性/木村雅子
齋藤芳生歌集『花の渦』・大いなる励まし/久我田鶴子
永良えり子歌集『水湧くところ』・発見と認識の歌/栗木京子
松本紀子歌集『長い橋』・介護の日日/本木巧
雁部貞夫自選歌集『わがヒマラヤ』・ヒマラヤ詠の総括/沢口芙美
藤島秀憲歌集『ミステリー』・人生の巡り合わせ/春日いづみ
志垣澄幸自選歌集『水の星』・焼け跡世代の墓標/山田航
吉田信雄歌集『思郷』・声を抑へて/吉川宏志
田中礼歌集『燈火』・戦後史の遺言/田中成彦
大友圓吉歌集『冬天』・調べに見た希望/伊藤和好
佐佐木定綱歌集『月を食う』「難民」・について/染野太朗
小石雅夫著『短歌の読詠―想像力と創造力―』・読むこと、詠むこと/藤原龍一郎

•8-9面
[高知県の歌人]筒井文/池知さつき/井上佳香/うちだゆみ/梅原婀水/岡崎桜雲/梶田順子/叶岡淑子/刈谷美代子/北添起代子/窪田詩都子/熊谷敏郎/黒岩やよえ/小橋芙沙世/田上悦子/中島涼/中西敏子/中村佐代/中山恭子/西岡瑠璃子/文野見枝子/古川安子/宮地亀好/森田睦子/安田やすよ/山下和代/山脇志津/依光ゆかり


•10面
[作歌相談室]推敲と添削/来嶋靖生
[万葉秀歌を読む]内藤明


•11面
[短歌の小道具一〇〇選]【二十六】穴/藤島秀憲
[短歌レッスン]外塚喬
[新刊案内]
[現代短歌社新刊案内]

•12-13面
[読者歌壇]高野公彦/阿木津英 選

•14面
[壇論風発]

•15面
[歌壇トピックス]
[作品募集]
[催し案内]

•16面
[全国歌壇ニュース]他

¥ 300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価