現代短歌新聞 2020年5月号

現代短歌新聞 2020年5月号/97号
定価:300円(税込)

2020年5月5日発売 タブロイド判/16頁
1部:300円(送料・税込)/
年間講読料:3,600円(送料・税込)


•1面
[インタビュー]
「死にたまふ母」を現代において、どう歌うか。/吉川宏志
[現代の作家]
魚の影/伊吹 純
令和二年、春/佐田 公子

•2面
[コラム]プロレタリア歌人山田あき誕生秘話/松田 愼也
[視点]「“コロナ”と結社と歌」/磯田ひさ子

•3面
[作品時評]時間を超える叙情/生沼義朗
[4月のうたのヒント]佐保田 芳訓

•4面
[読みましたか?この一冊]
小谷陽子歌集『ねむりの果て』/三枝浩樹

•5-7面
[書評]
藤原龍一郎歌集『202X』・時代の不条理を越えて/山下雅人
千々和久幸歌集『生きてはみたが』・スタイルから出て/佐波洋子
鮫島満歌集『忘憂賦』・葉痕を見る人/前田康子
斎藤諒一歌集『三月の風』・自然への感謝/山中律雄
渡邊美枝子歌集『回転木馬』・凛とした佇まい/三浦 武
小澤京子歌集『地球岬』・熟成家族/池田はるみ
樋口智子歌集『幾つかは星』・熟成家族/遠藤由季
吉町博子歌集『青き花』・語りかける物語/長﨑厚子
岡井隆歌集『斉唱』・山羊をめぐる冒険/雲嶋 聆
加藤民人歌集『手を伸べて』・贈る花束/小林幸子
室井忠雄歌集『起き上がり小法師』・歌にみる幅と奥行/片岡 明
吉田信雄歌集『故郷喪失』・故郷としての家族/本田一弘


•8-9面
[岐阜県の歌人]
市川正子/市原敏司/伊藤かえ/今井由美子/岩手康子/大塚雅之/小川恵子/岸孝子/桐山五一/黒田一夫/黒田淑子/桑田靖之/小林峯夫/後藤すみ子/後藤左右吉/早智まゆ季/清水春美/近松壮一/中野たみ子/広瀬美智子/藤川五百子/藤田正代/本城多美子/松野律子/三島麻亜子/三田村広隆/村井佐枝子/村瀬美代子


•10面
[作歌相談室]自然をどう詠むか/来嶋靖生
[万葉秀歌を読む]内藤明


•11面
[短歌の小道具一〇〇選]【二十九】蓋/藤島秀憲
[短歌レッスン]外塚喬
[新刊案内]
[現代短歌社新刊案内]

•12-13面
[読者歌壇]高野公彦/阿木津英 選

•14面
[壇論風発]
[結社の賞]

•15面
[歌壇ニュース]
[中止・延期のお知らせ]

•16面
[全国歌壇ニュース]
[作品募集]
[四コマ]エア歌人さん【03】 他

¥ 300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価