現代短歌新聞 2020年7月号

2020年7月5日発売 タブロイド判/16頁
1部:300円(送料・税込)/
年間講読料:3,600円(送料・税込)


•1面
[インタビュー]
人生を描く大きな連作を編むつもりで短歌を作る。/藤島秀憲
[現代の作家]
崑崙の夢/雁部貞夫
天道虫/中川 佐和子

•2面
[コラム]短歌の親友 大塚布見子さんを悼む/青田伸夫
[視点]「coronaとともに」/小柳毅

•3面
[作品時評]時事との距離/生沼義朗
[7月のうたのヒント]福士りか

•4面
[読みましたか?この一冊]
春日いづみ歌集『塩の行進』/屋良健一郎

•5-7面
[書評]
大島史洋歌集『どんぐり』・こわれても詠む/前田康子
梶原さい子歌集『ナラティブ』・枝分かれしてゆくもの/遠藤由季
富田睦子歌集『風と雲雀』・木とわたくしの歌/宮本永子
小島なお歌集『展開図』・遠さについて/染野太朗
柳宣宏歌集『丈六』・生きて在る喜び/吉川宏志
皆川二郎歌集『一滴のうた』・祈りのうた/本田一弘
木下孝一歌集『竹群靡く』・生を写す/小林幸子
足立尚彦歌集『冬の向日葵』・融通無碍な視点/大松達知
山下れいこ歌集『鷲のごと翼をはりて』・地にわれはあり/久々湊盈子
雁部貞夫著『宮地伸一の秀歌』・明晰な歌人像/香川哲三
加藤孝男著『与謝野晶子をつくった男』・鉄幹研究の新鮮な到達/松平盟子
佐藤水人里歌文集『凍てつく銀河』・体験を呼び起こす詠出/足立敏彦

•8-9面
[山梨県の歌人]青木道枝/伊藤加代子/大柴侑宏/岡部慶子/小俣はる江/川口久/桐谷文子/窪川美代子/久保田壽子/河野小百合/小林富美子/沢井清美/沢井照江/白倉一民/進藤通子/須藤洋子/中沢玉恵/中村千恵子/花田規矩男/深澤正名/古川順子/古屋清/古屋正作/松沢陽子/松村めぐみ/丸山歌子/三浦綾子/渡邉理紗

•10面
[作歌相談室]恋の歌は自由/来嶋靖生
[万葉秀歌を読む]内藤明

•11面
[短歌の小道具一〇〇選]【三十一】音/藤島秀憲
[短歌レッスン]外塚喬
[新刊案内]

•12-13面
[読者歌壇]高野公彦/阿木津英 選

•14面
[壇論風発]
[暑中おうかがい申し上げます(名刺広告)]

•15面
[歌壇ニュース]
[創刊歌誌]
[特集歌誌]
[終刊歌誌]
[結社の賞]
[中止・延期のお知らせ]

•16面
[全国歌壇ニュース]
[作品募集]
[四コマ]エア歌人さん【05】 他

¥ 300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価