にず

にず
田宮智美 著


私は田宮さんにお会いしたことはない。でも、遠くで戦っているあなたを、ずっと知っていたような気がする。 北山あさひ(「栞」より)

電柱の根元にタンポポ咲いていて 生命保険審査に落ちる
こんなにも美味しいわたしの唐揚げをわたし一人が食べている夜
しあわせな歌が詠みたい誰からも全然ほめられなくていいから

定価:2000円(税別)
判型:四六判ソフトカバー
頁数:176ページ
ISBN: 978-4-86534-330-4
発行日:2020年7月15日
発行:現代短歌社
発売:三本木書院(gift10叢書第29篇)

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料B

    全国一律 300円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価