醜の夏草

醜の夏草
大山敏夫/著

gift10叢書第31篇

歌集名「醜の夏草」には、簡単に言えば「草魂で頑張るぞ」というような思いを籠めてある。「草魂」とは、わたしの若い頃に活躍していたプロ野球の鈴木啓示投手の言葉で、(略)「投げたらあかん」と鈴木投手の声が今も聞こえる。「あとがき」より

ねぢくれて固まる瘤のごときもの揉み解しほぐしやや希望あり
ふりまはす手のなかにたまたま入りたる感じなれども小蠅をつぶす
排気ガスあびて泥など乾びたる茎葉ふとぶと醜の夏草

定価:2700円(税別)
判型:四六判ハードカバー
頁数:214頁
ISBN:978-4-86534-342-7

¥ 2,970

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料B

    全国一律 300円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価