安田純生歌集『蛙声抄』

解説 門脇篤史

歌壇における文語の第一人者たる著者が39歳の時、
口語短歌の激流に抗うように上梓した第一歌集。

投げうたれ砕けむさまを思ひつつ古道具屋に購ふ青磁
昼顔の花のかたへに瑠璃いろの翅とぢがたき死際の蝶
団子虫ゆびを触るれば背をまろむ はかなきわざに過す夕ぐれ
 たはむれに殺めし蛙も共に鳴き寝ねがたき夜の耳をうしはく

ISBN:978-4-86534-327-4
文庫判112頁
定価:880円(税込)

¥ 880

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料A

    全国一律 100円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価