1/1

川本千栄著『キマイラ文語』

¥1,650 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

¥3,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

明治の和歌革新運動によって短歌は文語/口語のキマイラとなった。その100年後、SNSの普及が短歌の口語化に第二のパラダイムシフトをもたらした。言葉は変化し続け、今日の口語は、明日には古びた文語となる宿命にある。著者は本書を通じて、こう提言するーー。

もうやめませんか? 「文語/口語」の線引き


本書の内容

Ⅰ キマイラ文語
キマイラ文語/ぬえとキマイラ/現代短歌の文語のルーツ/和歌と狂歌が並立した近世/香川景  樹が「旧派」となるまで
Ⅱ 近代文語の賞味期限
増殖する擬古語/ら抜き言葉と創作文語/短歌の歴史は口語化の歴史/『広辞苑』第三版とやさしい日本語/SNSと第二の言文一致/短歌口語化の伏流水~古語を使う人々/時はながれ「た」/繋がないままの歌
Ⅲ ニューウェーブ世代の検証
ニューウェーブ終焉時を振り返る/俵万智の教師詠/加藤治郎のオノマトペ/荻原裕幸の語彙/水原紫苑の「われ」/穂村弘の評論/座談会(2001.10.)/ニューウェーブをあるべき場所に


定価:1650円(税込)
判型:新書判ソフトカバー
頁数:214頁
ISBN:978-4-86534-391-5
発行日:2022年9月5日
発行:現代短歌社
発売:三本木書院

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (44)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,650 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品