1/1

山中律雄歌集『淡黄』

¥3,300 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

¥3,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

若き日に、川島喜代詩の添削を受け、「没すべき細部」などの骨法を学んだ著者。
佐藤佐太郎から川島喜代詩へと続くうたの流れに、おのれを濯ぎながら、到り着いた境地がここにある。
病を得て生死と向き合った圧巻の連作を収める第五歌集。

海上に雲去りゆきてはつ夏の風吹く街は空軽くなる
墨染めの僧衣まとひて乗るバスのわれの傍へに人は座らず
追熟を待てと言はれしマンゴーをその日に食ひてほぼ無駄にする
死者生者けぢめなくして暁の夢に睦みて言葉をかはす
満開とおもひて桜あふぎしが二日経てけふかがやきを増す


定価:3300円(税込)
判型:四六判ハードカバー
頁数:198頁
ISBN:978-4-86534-401-1
発行日:2022年9月17日
発行:現代短歌社
発売:三本木書院

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (44)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,300 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品